形だけの目標管理が先行し、目標とは何かが十分に理解・共有されていない。モノの見えていない人事やコンサルタントが「目標の書き方研修」に走り、更に事態を悪化させる事が良くあります。
●診断と処方
個人一人ひとりの置かれた職場や組織の状況に応じて、「本当に、各々が何をするべきか」と、自ら目標の内容を吟味するように促す必要があります。
研修事例で、「数値偏重型目標」や「上位方針コピー型目標」などの誤った目標を取り上げ、組織に内在する基本問題や環境変化の情報を入れ、目標の達成プロセスや結果がもたらすマネジメント的な意味合いを議論し、整理することが大切です。
●結果
予算管理と目標管理の違いが理解される。
事務部門に代表される定性目標に関しては、その達成要件や成立要件・遂行要件がより明確になる。
営業部門でやるべき定性目標の明確化・具体化の方法がつかめる。
組織全体の目標と個人が取り組むべき目標の関係理解が進む。